iPhoneの便利な機能である「リマインダー」

subpage-img

iPhoneには、「リマインダー」という便利な機能があります。
これは、ユーザーがやるべきことや覚えておきたいことといった事柄を入力しておき、指定した時刻になると通知してくれる機能です。単なるメモ帳と違い、通知してくれるため忘れてしまうことが無いのです。

また、カレンダーやスケジュールと合わせて確認することも可能です。他にも、お店などの指定した場所に近づいたり、逆に離れていくと通知してくれる機能や、他のデバイスと同期できる機能も備えているのです。

「リマインダー」を使うには、まずやるべきことをタスクとして入力します。


そして指定日時で通知することや指定場所で通知することを設定すれば完了です。

タスクの優先順位を設定することも出来るため、重要なタスクには優先順位を設定しておきましょう。
iPhoneは外出時には常に持ち歩いているため、行ったことがない新しいお店を探すときに便利です。

近づいたら通知されるため、ナビゲーションを使用していて近くまで来ているが見つからない、という場面で大いに役立つ機能なのです。



注意点として、通知センターに表示されるタスクは当日のものに限られています。
しかし、指定日時に通知することを設定しておけば翌日以降の予定も通知してくれます。

朝日新聞デジタルの様々な相談を受けることができます。

iPhoneは、情報を収集するだけでなく、「リマインダー」のような自分の仕事のサポートをしてくれたり、行動範囲を広げてくれる機能も持っているのです。



top